マヌカハニー 徹底比較ランキング

マヌカハニーが健康や美容に良いというのはわかったけど、でもたくさん種類があるのでどれを選んだら良いのかわからない?

そんなあなたのためにこれまで多くのマヌカハニーを実際に購入し、その効果や味を実感してきた私があなたにおすすめのマヌカハニーを紹介します。偽物の多いマヌカハニー、情報の少ないマヌカハニーだから、あなたのマヌカハニー選びの参考にどうぞ!


*今までに実際に購入したマヌカハニーです。


最初にお伝えしますが、マヌカハニーは有名店だから安心できるわけではありません。

今回紹介する基準は、効果が実感できるかコスパが良いか品質が十分かという3つの基準で私がマヌカハニーを徹底比較してランキング形式で紹介します。

あなたのマヌカハニー選びの参考にどうぞ!

ACTIVE MANUKA UMF20+(ラベイユ)


出典:http://shop.labeille.jp/

マヌカハニー徹底比較ランキングの第3位は、ラベイユのACTIVE MANUKA UMF20+です。全国に12店舗あるはちみつ専門店のラベイユが厳選して輸入しているマヌカハニーです。

■ ラベイユ マヌカハニーの特徴

ラベイユのマヌカハニーは全部で4種類販売されていますが、1番のおすすめはUMF20+です。


・UMF10+
・UMF15+
・UMF20+
・ホートン氏マヌカ

*ホートン氏マヌカにはUMF表記がなく、医療効果が期待できませんので購入時には注意してください。

ラベイユのマヌカハニーは見た目も味もキャラメルのような感じで濃厚かつクリーミーな味わいの中に隠れているスパイシーな香りが特徴的です。

非常に生産量が少ないUMF20+を中心にUMFを段階毎に揃えているところはマヌカハニーを用途ごとに選びたい人にとっても非常に嬉しいポイントだと思います。

しかしラベイユのマヌカハニーが残念な点は、その値段が他のマヌカハニーに比べると高いという部分です。はちみつソムリエに様々な話を聞くことが出来ますが、それだけでは価格差を埋めきれないので3位です。

マヌカヘルス社 マヌカハニーMGO550+


>> マヌカヘルス社 マヌカハニー公式サイトへ “"

出典:http://cosana-m.jp/

マヌカハニー徹底比較ランキングの第2位は、マヌカヘルス社のマヌカハニーMGO550+です。ニュージーランド最大手であるマヌカヘルス社は、商品ランナップの豊富さや品質の高さが世界で人気です。

■ マヌカヘルス社のマヌカハニーの特徴

マヌカハニーの基準であるMGOを作ったのがマヌカヘルス社で、世界45カ国でマヌカハニーを販売している世界最大手のマヌカハニーメーカーです。

このMGO550+のマヌカハニーはラベイユのUMF20+よりも1つレベルの高いマヌカハニーでUMF25+です。しかし値段はこちらの方が安く、より高い効果を実感できます。

このマヌカハニーで日本の病院で耐性ピロリ菌の除菌治療を行い、抗生物質で除菌できなかった重度のピロリ菌感染者がたった2週間で除菌でき、その1年後の検査でも再感染がないほどの高い効果が話題に。


※私のMGO550マヌカハニーです。


マヌカヘルス社のマヌカハニーの気になる味はさっぱり感が強く、粘度も高くないです。MGO250+は生キャラメルに似た感じで、MGO400+ではミント系の味が若干強くなり、MGO550+では更にクセを強く感じましたが、全体的に食べやすい味です。

下痢がひどい時に白湯にとかしたMGO550+を飲むと、1時間もせずに下痢が収まります。緊張やストレスからお腹を下す事が多い私には嬉しい効果です。

■ マヌカヘルス社のマヌカハニーの注意点

マヌカヘルス社は成城石井でも取り扱いがあるなど、実際に手にとってパッケージを確認できますが、店頭にあるのはUMF10+やUMF20+までなので、このUMF25+を売っているところは本当に少く、UMF20+ですら店頭では欠品しがち。

私が実感したような高い効果を感じるために必要なのは、UMF20+以上の高濃度のマヌカハニーですので、安い値段の中途半端なマヌカハニーの効果で残念な思いをしないように注意してください。

マヌカハニーだけが持っている非常に高い効果を実感する為にも、その辺で見つけたUMF値が低くて、値段の安いマヌカハニーを選ばないことが一番。

食べやすいものの少し味に癖があるので好みが分かれる可能性があることと、コスパを考えた際に第1位のストロングマヌカハニーよりも見劣りしたので残念ながら第2位です。

マヌカヘルス社のマヌカハニーの詳細を今すぐチェック

ストロングマヌカハニー(株式会社TCN)


>> ストロングマヌカハニー公式サイトへ

出典:http://www.tcn.co.jp/

マヌカハニー徹底比較ランキングの第1位は、株式会社TCNのストロングマヌカハニーです。日本人養蜂家がニュージーランドに移住して現地生産している世界最高濃度のマヌカハニーです。

■ ストロングマヌカハニーの特徴

一番の特徴は、業界最高濃度のマヌカハニーを日本人養蜂家が現地に移住して日本水準の丁寧なマヌカハニーを作っているというところ。

しかもニュージーランドでもマヌカハニーは、UMF25+までしかありませんがTCNでは、

・UMF39+(MGO1100+)
・UMF33+(MGO900+)
・UMF31+(MGO860+)
・UMF27+(MGO720+)

という他では手に入らない濃度のマヌカハニーを購入することができます。しかも、このストロングマヌカハニーを購入できるのは日本人(日本在住)の人だけ。

世界最高濃度のマヌカハニーを日本人が独占できるのはちょっとうれしい話です。*権利関係でそうなってしまうんです。

マヌカハニーにのめり込んでいる私ですのでこれは試さないとと思い、迷わず購入しました。

気になる味は、超美味。マヌカハニーにありがちな薬っぽさは全く無く、見た目の濃さと味の印象が全然違います。

私がオーダーしたUMF31+の最初の味は、キャラメルやチョコレート的なダークな感じで薬草のような深い味わいがあり、次にオーダーした時にはフローラル系の味が強くて、また違った美味しさを楽しむことが出来ました。

マヌカハニーは採取したタイミングや商品で味が変わるのでこういうのも楽しいと思います。

あなたもこのマヌカハニーを味わったら、他のマヌカハニーに戻れませんよ。マヌカハニーを舐めた際に薬っぽいと感じて、もう二度と口にしないと思ったことがある人でもこの味なら大丈夫でしょう。


※私が愛用しているストロングマヌカハニーです。


マヌカハニー独特の殺菌作用の含有量も豊富ですし、何よりも500gサイズなので、しっかりその効果を堪能できます。

そして、意外にも実はコスパが一番良いのがこの商品。

さらに、このストロングマヌカハニーの愛用者には、癌の手術を受けた方や、抗癌剤治療中の方などが、多くいるというのも特徴のひとつです。

ストロングマヌカハニーを日々口にすることで、5年間も再発していない人たちもいるようなので、ご家族の中に重篤な疾患を抱える方がいる方にもおすすめです。

マヌカハニーの本当の効果を味わいたい人には、このストロングマヌカハニーがおすすめ第1位です!

ちなみに、最高品質のUMF39+(MGO1100+)でなくても、どれを選んでも他社のマヌカハニーよりも高濃度。

人気が高く欠品になることも多いので今すぐチェックしてみてください!

ストロングマヌカハニーの詳細をチェック!

※ ▼詳細をチェックする前にお読みください▼

詳細ページ(公式サイト)へ行く前に!
重要ポイントを整理しています!

ストロングマヌカハニーの詳細ページは、プロとしての専門的な視点で書かれているため、少し読みにくいかもしれません。

そこで、詳細ページ(公式サイト)に書かれている大切な内容を取り出し、重要ポイントを箇条書きでまとめてみました。

これを先に読んでおくと、公式サイトの内容がかなりわかりやすくなり、重要でない部分を読み飛ばすこともできます。

ぜひ、下記を読んでから詳細へ行ってくださいね。

TCNのストロングマヌカハニーは、他のマヌカハニー(量産品)と全く別物。

  • ストロングマヌカハニーは、インターネット上やデパートなどで売られているマヌカハニーと称する量産製品とは全く異なる。
  • このマヌカハニーは、ニュージーランドマヌカ自生林の直営養蜂場で、みつばちの力だけで作られた天然オーガニック製品。
  • みつばち任せなので、時間がかかり生産効率は悪いが 活性度(=効果)の高いマヌカハニーが採取できる。マヌカハニーの効果に着目するなら最良の製品。

1995年から20年以上使い続けられている。

  • ストロングマヌカハニーは、日本人養蜂家をリーダーとし、1995年に製品化。
  • 20年を超える歴史があり、多くの健康上の悩みのある人から支持されリピートされ続けている。

マヌカハニーのなかで、最も信頼性の高い分析方法で評価。

  • マヌカハニーの評価方法は、有効成分のメチルグリオキサール含有量で活性度を算出する「MGO」の方が理に適っていると考えられている。
  • 他社製品で採用されている旧来の評価方法「UMF」は分析精度の問題があるので、TCNでは全廃。「MGO」の数字が多いほど効果が高い。

他では手に入らない高濃度のマヌカハニーが、TCNストロングマヌカハニー。

  • 通常、販売されるストロングマヌカハニーのMGOは100+から最高で550+まで。
  • TCNのストロングマヌカハニーは一番ランクの低い製品でも720+。
  • 特にMGO1100+はこの種のハチミツが持つ天然メチルグリオキサール(MGO)含有量の最高値(活性度の極限)であり、TCNでしか手に入らない。

ほぼ全数を分析試験。輸出前にチェック。

  • TCNストロングマヌカハニーは商品とともに分析試験書を同梱。全ての製品において最終工程の容器分注が終わった時点で、微量ずつ検体を抽出。ほぼ全数試験と言える。
  • 同梱されている分析試験書は、商品そのものを検査したものに近く、限りなく正確。他社製品とは違う。

TCNストロングマヌカハニーにだけ、賞味期限がない。

  • ストロングマヌカハニーは、糖分濃度が80%以上に高められたみつばちの食料。
  • この糖分濃度に達すると半永久的に変質しない。そのため「賞味期限」が存在しない。
  • これこそが非ブレンドのマヌカハニーの証拠。有用酵素類がそのまま含有されている証拠。

健康効果は高いが食品であるので、副作用がない。

  • 基本的にははちみつなのでおいしい。活性度(効果)の高さで味が変わるということはない。
  • 食品なので、有用菌にまで作用、強すぎるなどといったマイナス要因は全くない。薬との併用も特に問題なし。
  • 常時薬を服用しなければならない人でも、安心して使うことができる。

お疲れさまでした!
ポイントは頭に入れましたか?


それでは・・・