抗生物質とマヌカハニーを徹底比較。

殺菌効果に優れているのは、抗生物質とマヌカハニーのどちらなのでしょうか?

 

殺菌作用だけではなく、

副作用や耐性菌問題との関係性はどう違い、どちらがより優れているのかも徹底検証します。

 

抗生物質と殺菌効果の高いストロングマヌカハニーの効果の違いで徹底比較しますので、購入前の参考にしてくださいね。

ピロリ菌に対する殺菌効果が優れているのは?

344432

ピロリ菌の除菌治療。

日本では主に抗生物質が用いられますが、海外ではマヌカハニーでピロリ菌の除菌治療が行われます。

 

ピロリ菌に対する殺菌作用は、さほど変わらないと考えられているという部分と、ピロリ菌が耐性菌化しやすいという部分が原因。

 

強烈な胃酸の中で生きるピロリ菌は、

抗生物質でも除菌しにくい細菌のひとつと知られており、50代以上の8割が感染していると言われている状態。

 

実際に日本で行われているピロリ菌の除菌治療でも、1次除菌で75〜80%、2次除菌でも90%前後の除菌率しかありません。

 

残りの10%前後の胃の中では、

ピロリ菌が耐性菌になり、抗生物質での除菌治療が難しくなります。

 

そのため、日本ではピロリ菌の2次除菌までしか保険治療の適用がなく、3次除菌以降は全額自費で除菌治療を行うことになります。

 

しかし、耐性菌化したピロリ菌も医療レベルのマヌカハニーなら、除菌治療できることがわかっていますので、日本人もマヌカハニーを活用すべき状況。

 

保険適用にはならないものの、

費用的にもさほど変わらずに、禁酒禁煙の必要もないので、実は非常におすすめの方法です。

 

これは耐性ピロリ菌に対して、

ストロングマヌカハニーよりも活性強度の低い、MGO550のマヌカハニーで行った、実際の除菌治療で確認されている状態。

 

しかも抗生物質のように下痢や軟便などの副作用に悩まされたり、禁酒や禁煙とうの制限もなく行うことができます。

 

ピロリ菌に関しては、マヌカハニーの方が抗生物質よりもおすすめだといえるでしょう。

悪玉菌に対する殺菌効果が優れているのは?

398221

抗生物質は、常在菌も善玉菌も悪玉菌も区別せずに、全ての細菌やウイルスを除菌することしか出来ません。

 

ピロリ菌の除菌治療を抗生物質で行なうと、

実は腸内細菌もほとんど除菌してしまい、腸内細菌のバランスが乱れやすい傾向があります。

 

ピロリ菌の除菌治療の副作用には、

下痢や軟便などの症状があるので、電車通勤や仕事をしながらの除菌治療は、非常に大変な傾向が。

 

しかしマヌカハニーの殺菌成分であるメチルグリオキサールは、常在菌と善玉菌のグループと悪玉菌を判別することが可能。

 

悪玉菌のみを除菌することができ、

腸内環境改善効果に優れ、ピロリ菌除菌治療時にマヌカハニーを活用しても、腸内細菌が死ぬどころか、腸内環境を改善し、下痢や軟便などは起こりません。

 

腸内環境改善効果が高く、

便秘解消に繋がったり、美肌作りや美容効果も期待できるという特徴も。

 

整腸作用が優れているマヌカハニーは、免疫力を高める効果もあり、風邪やインフルエンザなどを発症しにくくなりますので、小さな子供や年配者にもおすすめです。

抗生物質とマヌカハニー、副作用や耐性菌問題の関係性は?

523566

抗生物質もマヌカハニーも、

殺菌力や殺菌作用に優れた成分であることには、違いがありません。

 

しかし一番の違いは、

抗生物質は副作用や耐性菌問題を引き起こす原因になり、マヌカハニーならそのリスクがないという部分。

 

これは非常に大きな違いですし、特に日本人は注意したいところ。

 

現況と予測を簡単に紹介すると、

世界的に耐性菌問題が顕著化し、抗生物質の効かないスーパー耐性菌なども出現。

 

2050年には、年間1000万人以上が耐性菌が原因で死亡するというWHOの予測も行われていますので、耐性菌問題は実は非常に身近なこと。

 

耐性菌問題を引き起こす原因のひとつが、抗生物質を多用すること。

 

日本では風邪にも抗生物質、

ピロリ菌の除菌治療にも抗生物質・・・どの病院でも抗生物質をとりあえず処方している状態。

 

その結果、多くの日本人の体内にも、知らぬ間に耐性菌が増えつつあるんです。

 

耐性菌問題はいずれ日本でも社会問題化し、

欧米のようにスーパー耐性菌で死亡する事例も出てくるでしょう。

 

その時に騒いでも遅いということを今から理解しておきましょう。

 

アメリカでは耐性菌で年間2万人、

欧米では年間2.5万人もの人が実際に死亡していますので、アフリカなどの後進国の問題ではなく、先進国も注意すべきこと。

 

スーパー耐性菌とは、全ての抗生物質が全く効かない細菌のことなので、対処法もなく、死ぬのを待つだけになってしまう非常に恐ろしい状態です。

日本では耐性菌問題に対して、どのような取り組みが行われているのか?

日本だけではなく、

世界的な問題である薬剤耐性に関しては、WHOが中心になって5項目を決定しています。

 

  1. 啓発・教育
  2. サーベイランス・モニタリング
  3. 感染予防管理
  4. 抗微生物薬の適正使用
  5. 研究開発

 

この進捗状況を2年毎にWHOに報告することになっています。

 

2016年5月に開催されたG7伊勢志摩サミットで、議長国として参加した日本がグローバル行動計画の5項目に追加して、「国際協力」を提案。

 

その実現に向けて、「抗微生物薬適正使用の手引き 第一版」作成していますが、未だに抗生物質の適切な使用や医療従事者からの説明が十分とは言えない状況。

 

ちなみに、2017年11月9日に行われた「製薬協メディアフォーラム」の一部を抜粋して紹介すると・・・

 

英国で2016年に発表された「オニールレポート」によると、薬剤耐性に対して何も対策を取らない場合、2050年には世界で1000万人の死亡が想定され、現在のがんによる死亡数を超えると予測されています。

当時、米国では約200万人が耐性菌に罹患し、2万3000人が亡くなっていると発表されました。30年前、耐性菌は病院内の問題と考えられていましたが、近年では市中、環境、食品等に共通した課題に。

病院内のMRSAが減少する一方で、市中MRSAは増加傾向にあることが懸念されます。数は少ないものの、元気な子供が市中MRSAに罹患する例が報告されていたり、大腸菌におけるキノロン耐性率も同様に病院内ではなく市中感染症の耐性菌が増えている状況。

参照:製薬協広報委員会「薬剤耐性に対する日本での取り組み」 

 

病院内での感染率が低下しているものの、

様々な場所で薬剤耐性菌が出現しているリスクも新たな問題になっていますので、より効果的な対策が求められている現状です。

カナダやニュージーランドでもマヌカハニーの可能性を模索している

IMG_86622

耐性菌問題が顕著化するにつれて、

世界的に抗生物質以外の除菌方法がないのかという代替療法を探す研究が進んでいます。

 

ニュージーランドでは、

以前よりマヌカハニーが病院での処方薬として処方されていますし、その傾向は今後も変わらないでしょう。

 

カナダの大学で行われた研究では、

MRSAというメチシリン耐性黄色ブドウ球菌に対する除菌力は、抗生物質よりもマヌカハニーの方が優れていることが証明されている状況。

 

現時点でもMRSAを原因とする副鼻腔炎の治療にも、医療レベルのマヌカハニーが推奨されるという論文発表まで行われています。

 

他にも癌細胞の初期の細胞分裂を抑制したり、糖尿病患者の手足の壊死に対する作用など世界中がマヌカハニーの殺菌力に注目しています。

 

日本のように、いつまでも抗生物質主体の医療を行っていると、様々な耐性菌問題に直面し、救える命も救うことができなくなります。

 

世界の潮流は、抗生物質よりも別の殺菌成分に移りつつある状況。

 

それを考えた時に日本には世界最強濃度のマヌカハニーである、ストロングマヌカハニーがあるわけですから、それを活用しない手はないんです。

 

すでに多くの人が、

ストロングマヌカハニーの医療効果や美容効果の高さに気付いて活用していますよ。

 

抗生物質よりも安全で副作用のないマヌカハニー、あなたも健康管理や病気の治療に活用すると良いでしょう。

ストロングマヌカハニーの殺菌力は、マヌカハニーの中でもずば抜けている

なぜ私がストロングマヌカハニーをおすすめしているのか?

 

ストロングマヌカハニーと、

一般的なマヌカハニーの殺菌作用や活性強度を比較した際に、非常に大きな違いがあるから。

 

一般的にニュージーランドでも最高濃度と言われているマヌカハニーは、MGO550やUMF25+というレベル。

 

しかしストロングマヌカハニーで最も活性強度の高い商品は、MGO1100やUMF39+というレベルで、純粋な殺菌成分のメチルグリオキサールの含有量は2倍以上。

 

メチルグリオキサールの含有量が多いほど、

非常に優れや殺菌作用を発揮することができますので、2倍以上ということはどれだけ優れた効果を実感できるのかが分かるでしょう。

 

抗生物質よりも副作用や危険性がなく、

さらに一般的に最高と考えられているマヌカハニーよりも2倍も優れた効果を期待できる。

 

ストロングマヌカハニーを選ばない理由がそれ以外にあるでしょうか?

 

実際に私もストロングマヌカハニーを愛用していますが、その殺菌作用の強さ、実感できる効果は他のマヌカハニーとはまったく別次元。

 

あなたも本当のマヌカハニーの効果を実感したいのなら、ストロングマヌカハニーをぜひ一度試してみることをおすすめします。


>マヌカハニーマニアの私イチ押し!<

国内で販売されているUMF20+以上のマヌカハニーを全て購入した私が選ぶ厳選商品は?

あなたにおすすめなマヌカハニーランキングベスト3を紹介しています。

マヌカハニー徹底比較ランキングベスト3

効果のわかりにくいマヌカハニーだから。
偽物のマヌカハニーを購入しないためにも、私のレビューが参考になりますよ!


マヌカハニーのことをもっと詳しく知りたい、というあなたにはこの記事!

かなりマニアックな情報満載なので、どれだけ私がマヌカハニー好きかがわかるかも。


マヌカハニーの効果や効能、人気の秘密を徹底解説!

じっくり読むと、マヌカハニーの奥深さに驚くかもしれませんね。

関連記事

業界最高濃度はTCNのストロングマヌカハニー MGO1100+の効果効能が凄すぎる!

マヌカハニーの製品の中で業界最高濃度なのが、TCNのストロングマヌカハニーです。TCNというのは日本の会社ですが、現地に既に20年以上も日本…

医者も認めるマヌカハニー、日本の病院でも活躍するほど効果的!

日本の病院でも、マヌカハニーの効果や効能を治療に役立てている場所があるのを知っていますか? 実際の医療現場でどのように活躍しているのか…

マヌカハニーの選び方、信頼性の基準はUMFとMGOの商品!

マヌカハニーには、幾つものブランドや商品、基準となるブランドマークがあることで、実は非常に選びにくい状態だと思っていませんか。 そんま…

殺菌作用が強すぎるマヌカハニーに副作用やデメリットがある?

殺菌作用が強すぎるマヌカハニーって安全なの? マヌカハニーの抗菌作用を示す基準であるMGO(メチルグリオキサールの含有量)が高い商品も…

十二指腸潰瘍の主原因はピロリ菌。マヌカハニーの殺菌力が効果的!

十二指腸潰瘍の主原因がピロリ菌感染だという事実を知っていますか? ピロリ菌の攻撃で、十二指腸潰瘍や胃潰瘍などの胃腸疾患を発症します。 …

アトピー改善にマヌカハニー。皮膚疾患に効果的な殺菌力が人気!

アトピー性皮膚炎にはマヌカハニーが効果的。 しかもマヌカハニーとマヌカオイルとを組み合わせて使うことで、さらなる効果も期待できます。 …