非加熱処理で抽出されることが多いマヌカハニー。

天然酵素や活性強度が瓶詰め後も活発に動き回っており、生きていることを検査データで確認できる商品があるのを知っていますか?

 

ほとんどのマヌカハニーは、

天然酵素が残る形で製造されていますが、実際にどのような変化があるのかをデータで紹介します。

 

マヌカハニーの意外な事実を知っておくと、より良いものを購入したいと思うでしょうし、変な商品を購入すべきではないということもわかりますよ。

生きているマヌカハニーは活性強度の数値が変化する

少しマニアックな話ですが、

ニュージーランドのファーマーに聞くと、生きているマヌカハニーは採取後に活性強度が変化する傾向があるようです。

 

ただこの活性強度の変化には特徴があり、

採取後に徐々に活性強度が高まっていき、ある程度の状態をピークにまた活性強度が低下してしまう傾向があることのこと。

 

そのファーマーで採取したUMF10+のマヌカハニー、採取当時の活性強度はUMF10+でした。

 

数年保管して濃度計測を行ったら、

UMF14.7+というほぼUMF15+という状態にまで高まっており、こういう変化をするマヌカハニーもあるという衝撃を受けました。

 

最初に説明したように右肩上がりで活性強度が高まり続けるのではなく、一定レベルまで上がったらまた元の数値に低下してしまうそうです。

 

なかなかレアな話かもしれませんが、

生きているマヌカハニーだからこそ、こういった変化があるそうです。

非加熱のマヌカハニーは天然酵素も生きた状態で残っている

基本的にマヌカハニーは非加熱で時間をかけて抽出されますので、UMF基準のマヌカハニーなら、非常に安心できます。

 

しかしUMF以外のマヌカハニーの場合、

製造方法まで徹底管理されておらず、生きている状態で抽出されないマヌカハニーもある可能性があります。

 

マヌカハニーに含まれる天然酵素は、

45度以上の熱が加わると徐々に消失し、60度を超えるとその機能が停止したり、破壊されてしまいますので、温度管理は非常に大切なこと。

 

適正な製造方法、品質管理が行われていれば問題のないことも、製造工程や輸送方法で品質に劣化が起こってしまうこともあります。

 

天然酵素は生きていることで、

体内に吸収された時に様々な効果や効能を発揮してくれますので、できるだけ生きた状態で摂取することが大切です。

 

間違っても加熱処理されたマヌカハニーや、高温多湿の場所で保管されていたような商品を購入しないことが基本。

生きているマヌカハニーで活性強度が高いものがおすすめ

より優れた効果や効能を期待するなら、

生きているマヌカハニーでも、ある程度活性強度が高いものを選ぶことをおすすめします。

 

活性強度の数値はあなたが期待する効果に合わせて選ぶべきですが、最低でもUMF10+(MGO100)以上であることは基本。

 

腸内環境を改善したり、胃腸への効果を考えるのならUMF20+(MGO400)以上のマヌカハニーを選ぶようにしましょう。

 

どんなマヌカハニーを選び、

どのような方法で摂取するのかで実感できる効果も異なりますし、マヌカハニーに含まれている栄養素の摂取状態も変わります。

 

活性強度が高いマヌカハニーは本当に希少性が高く、世界的にも需要が逼迫していますので、手軽に購入できないこともあるでしょう。

 

UMF20+以上のマヌカハニーが全採取量の1%ほどしかないということを知っていれば、どれだけ希少性が高いのかということがわかります。

生きているマヌカハニーは金属に触れても活性強度が低下する

マヌカハニーの食べ方で、

たまに間違った方法を行っている人がいますが、それは金属のスプーンでマヌカハニーをとってしまうこと。

 

生きているマヌカハニーの活性強度が増えるという話をしましたが、金属に触れることでマヌカハニーの活性強度が低下することもわかっています。

 

どんなに高濃度のマヌカハニーを購入しても、

毎日金属のスプーンですくっていれば、徐々に活性強度が低下して、本来実感できるレベルの商品ではなくなってしまうこともありますので、注意したいところ。

 

摂取方法、保管方法で生きているマヌカハニーの活性強度が変化しますので、少しでも低下させないことは基本でしょう。

 

その為にも木製のハニーディップや木製のスプーンを使用し、開封後は直射日光が当たらない場所で、あまり高温にならない場所に保管しましょう。

 

15度以下に気温が低下すると

凝固して固まってしまうこともありますが、それ自体で品質(天然酵素や活性強度)に変化はありませんので、そこは安心してください。

 

様々な効果や効能が期待できるマヌカハニー。

少しでも良い状態で管理して、本来持っている効果や効能をしっかり実感したいものですよね。


>マヌカハニーマニアの私イチ押し!<

国内で販売されているUMF20+以上のマヌカハニーを全て購入した私が選ぶ厳選商品は?

あなたにおすすめなマヌカハニーランキングベスト3を紹介しています。

マヌカハニー徹底比較ランキングベスト3

効果のわかりにくいマヌカハニーだから。
偽物のマヌカハニーを購入しないためにも、私のレビューが参考になりますよ!


マヌカハニーのことをもっと詳しく知りたい、というあなたにはこの記事!

かなりマニアックな情報満載なので、どれだけ私がマヌカハニー好きかがわかるかも。


マヌカハニーの効果や効能、人気の秘密を徹底解説!

じっくり読むと、マヌカハニーの奥深さに驚くかもしれませんね。

関連記事

2015年効果が高いと有名なマヌカハニーを紹介

2015年に最も効果が高いマヌカハニーとして有名だったのは、ストロングマヌカハニーです。実際に含まれているメチルグリオキサールの濃度の高さか…

マヌカハニーのバッチナンバーの意味や商品の特徴や効果を紹介!

マヌカハニーにはバッチナンバー付きの商品がありますが、これがどういう意味を持っているのかを紹介します。 このバッチナンバーですが、UM…

結晶化したら、マヌカハニーの効果は無くなるの?

マヌカハニーなどの天然蜂蜜の場合、温度が15度以下になると結晶化が始まります。結晶化したマヌカハニーは偽物だとか?その効果がなくなるとか?ど…

食中毒の原因菌にマヌカハニーの殺菌力が抗生物質よりも効果的!

食中毒の原因菌である黄色ブドウ球菌や大腸菌にはマヌカハニーの殺菌力が抗生物質よりも効果的なんです。抗菌作用も強いマヌカハニーの効能で本当に食…

ローハニーとマヌカハニーは違う?天然の殺菌作用や効果が高いのは?

マヌカハニーとローハニーは何が違うのか?これ疑問に思っている人もいると思います。 そこで、マヌカハニーとローハニーの違いを説明します。…

プロポリス入りマヌカハニーのど飴を舐める際の注意点と効果とは?

マヌカハニーには、プロポリス入りののど飴を商品化している物もあります。 普通のマヌカハニーを食べる場合とプロポリス入りののど飴を舐める…