検査済のマヌカハニーだから安心。

そう考えてマヌカハニーを購入する人も多いですが、ラベルに書かれている数値は本当に正確だと確認されてるかわかりますか?

 

マヌカハニーの抗菌活性力や活性強度は、どの検査機関で確認したのかということが非常に大切だったんです。

 

効果なしのマヌカハニーを買わないためにも、安心できる検査機関の情報を知っておきましょう。

マヌカハニーの活性強度はどこの検査でも一緒ではない!

日本人の多くが誤解している点、

それはマヌカハニーのパッケージに書かれている数字が全て本物だと思っている部分です。

 

このブログを読んでいる人なら知っているかもしれませんが、マヌカハニーには様々なブランドマークや基準があります。

 

世界的に偽物のマヌカハニーも横行し、

本物をしっかり選んで購入しないと、効果なしの商品を手にしてしまうことも。

 

ブランドマークはこの記事で詳しく説明していますので、こちらをご覧ください。

マヌカハニーのブランドマーク

 

今回の記事でお伝えしたいことは、マヌカハニーの検査機関についてどう考えるべきかという部分。

 

ニュージーランドで最も信頼できる検査機関がどこだか知っていますか?

マヌカハニーの信頼性の高いのはUMFHA所有の検査機関

マヌカハニーのブランドマークの中で、

最も古いのがUMFという基準で、元々はニュージーランド政府が主体となって基準を制定した歴史があります。

 

UMF基準に適合したマヌカハニーかどうかを判断する唯一の検査機関が、UMFHA所有の検査機関。

 

UMFHAの検査機関の運営元は、

ニュージーランド政府なので、どれだけ信頼性の高い検査機関なのかがわかりますし、不正が行われるリスクはほぼないでしょう。

 

UMFHAの検査機関では、全てのマヌカハニーがバッジナンバーで管理され、採取場所・運送方法・抽出方法などが簡単に調べられます。

 

そして一定基準以下のマヌカハニーは全て回収されてしまいますので、間違った商品が混入するリスクもありません。

 

これが、UMFHA所有の検査機関が信頼できると言える明確な理由です。

 

ニュージーランドには他にも信頼できる検査機関がありますので、その情報も合わせて紹介しますね。

ストロングマヌカハニーのヒル分析試験研究所も信頼できる

世界最高の活性強度のマヌカハニーが、株式会社TCNさんの販売しているストロングマヌカハニーMGO1100という商品。

 

その検査を行っている機関が、ヒル分析試験研究所。

ヒル分析試験研究所は、国際ニュージーランド分析所管轄機構(IANZ)から認証され、IANZは国際分析認証機構(ILAC)により委任されている機関。

 

ストロングマヌカハニーの分析証明書は、

ILAC相互認証手続きを通じて、分析書の認可は国際的に認められているものだということの証明だけではなく、認可された条項に基づいて、実施された試験だということも証明するもの。

 

ニュージーランドの政府機関に認証され、世界的な分析機構からも委任されている検査機関であることは、信頼性の裏付けには十分でしょう。

 

マヌカハニーを購入するなら、

UMFHAの検査機関か、ヒル分析試験研究所で検査された商品を選ぶと非常に安心できます。

 

では逆にどのような検査機関の商品が、信頼できないのでしょうか。

自社試験や自社の検査データは信頼性に欠ける

マヌカハニーだけの話ではありませんが、

自社の検査機関で分析したマヌカハニーはどこまで信頼できるデータなのかという裏付けがありません。

 

自社に都合の良いデータだけを使用していると考えられても仕方がない部分はあります。

 

そういったことが起こらなうように、

UMFHA(マヌカ蜂蜜協会)が制定され、UMFという基準が作られたわけですので、そこに逆行する意味はありませんよね?

 

蜂蜜の恐ろしいところは、

瓶詰めしてしまえば、どんな商品なのかが見た目だけでは一切わからないという部分です。

 

世界的にマヌカハニーの偽物が横行したことが、問題の根底にあるのがそういった部分だったはず。

 

日本でも個人輸入で購入できるマヌカハニーに、

UMFとMGOの比較表が一般的ではないバランスで使われている商品もありますので、異常に数値が高いマヌカハニーは避けるべきかも。

 

ちなみにUMFとMGOの関係性は、

 

  • UMF10+ = MGO100
  • UMF15+ = MGO250
  • UMF20+ = MGO400
  • UMF25+ = MGO550
  • UMF31+ = MGO860
  • UMF39+ = MGO1100

 

これが正常ですので、もしこの相関関係以外で記載されているメーカーの商品があれば気をつけるべきでしょう。

 

偽物や効果なしのマヌカハニーを選ばないためにも、どの検査機関で品質や活性強度を確認したものなのかを考えることも大切です。

 

そのためにも選ぶマヌカハニーは、

UMF基準の商品か検査機関の検査証明書がついているストロングマヌカハニーのようなものに限定すべきだと思いますよ。

 

自社検査で調べたマヌカハニーだけは私はおすすめしません。


>マヌカハニーマニアの私イチ押し!<

国内で販売されているUMF20+以上のマヌカハニーを全て購入した私が選ぶ厳選商品は?

あなたにおすすめなマヌカハニーランキングベスト3を紹介しています。

マヌカハニー徹底比較ランキングベスト3

効果のわかりにくいマヌカハニーだから。
偽物のマヌカハニーを購入しないためにも、私のレビューが参考になりますよ!


マヌカハニーのことをもっと詳しく知りたい、というあなたにはこの記事!

かなりマニアックな情報満載なので、どれだけ私がマヌカハニー好きかがわかるかも。


マヌカハニーの効果や効能、人気の秘密を徹底解説!

じっくり読むと、マヌカハニーの奥深さに驚くかもしれませんね。

関連記事

マヌカハニーのバッチナンバーの意味や商品の特徴や効果を紹介!

マヌカハニーにはバッチナンバー付きの商品がありますが、これがどういう意味を持っているのかを紹介します。 このバッチナンバーですが、UM…

マヌカハニーの見分け方、偽物と本物の特徴と選ぶべき基準は?

偽物が多いマヌカハニーですが、本物のマヌカハニーの基準やブランドマーク、特徴などの見分け方を知っていれば安心です。 実際に何も考えずに…

最強ストロングマヌカハニーは、2018年も業界最高濃度が特徴!

最強のマヌカハニーといえば、 株式会社TCNさんのストロングマヌカハニーで、2018年も業界最高濃度だから、最も効果や効能が期待できる…

マヌカハニーブレンドとマヌカハニーは殺菌効果や基準が違う商品?

マヌカハニーブレンドとマヌカハニーは、厳密にいうと殺菌効果が違う商品だということを知っていますか? マヌカハニーを購入しようとしたもの…

携帯用のマヌカハニーは、ハニーマザーのUMF10+

携帯用のマヌカハニーというのも実は商品化されています。ニュージーランドのハニーマザーというメーカーが作っている商品で、UMF10+の濃度のマ…

QVCジャパンで紹介されたマヌカハニーの健康効果や人気は?

テレビショッピングのQVCジャパンでも、マヌカハニーが過去に何度か紹介されていますので、知っている人もいるかもしれません。 実際にどん…