家庭で食品や食材を調理するよりも、

様々なサプリメントを活用して栄養補給や健康維持、美容面の効果を期待している日本人が増えている傾向があるそうです。

 

実際にどのような傾向があるのか、

総務省統計局がまとめた2017年度の家計調査報告の情報を元に解説します。

 

サプリメントも良い商品を選んでいればよいのですが、そうではなさそうな雰囲気の商品もあるので、バランス良く考えることが大切ですよ。

2017年の総世帯支出でサプリ支出が2.7%も増加している

毎年行われている総務省統計局の家計調査報告。

2017年版の最新データで、健康食品関連の支出額が前年比2.7%も増加していることが確認されました。

 

サプリメント関連の支出金額が特に増えているのが一人暮らし世帯。

 

健康保持用摂取品の支出金額は、

 

  • 2人以上世帯:1268円(前年比0.2%増)
  • 単身世帯:1093円(前年比9.3%増)

 

金額こそ大きくないものの、単身世帯の伸び率の高さが確認できます。

 

総世帯の実質消費支出が0.7%増なのに、

生鮮魚介が9.1%減と大幅に落ち込んだり、野菜・海藻や生鮮果物などが伸び悩んでいることも確認。

 

単身世帯はお金のかかる自炊をするよりも、

簡単に必要な栄養補給ができるサプリメントへの移行が進んでいるようにも見受けられますが、気になるのは支出金額の低さ。

低価格な量産型のサプリメントの注意点とは?

サプリメントで栄養補給を行うことは、

特に悪いことではなく、食品や食材の栄養素が激減している現在では必要なことだと考えますが、問題なのはどんなサプリメントを選ぶのかという部分。

 

特に原材料が合成成分なのか、

それとも天然成分なのかをしっかり確認しないと、サプリメントで栄養補給できていると誤解する可能性があります。

 

天然成分とは、

原材料の項目に食品や食材の名前が書かれているもの。

 

天然成分は栄養吸収率も高く、吸収された後もしっかり作用することが確認されていますが、材料費が高かったり、理想の栄養バランスを再現できないデメリットがあります。

 

合成成分とは、

原材料の項目に成分名(ビタミンCやビタミンDなど)で書かれているもの。

 

合成成分は理想の配合割合や単体で高濃度のサプリメントを作ることができますが、栄養吸収率が低く、体内に吸収されても実際の作用が確認されていません。

 

コスト面でも安いメリットがあるので、

低価格のサプリメントの多くが合成成分を主成分にしていますので、そういった商品は注意が必要なんです。

 

合成成分とは言葉を変えると、

工場で化学的に生み出された成分のことですので、そこに抵抗感がある人もいらっしゃるでしょう。

 

原材料の項目までしっかりチェックしてサプリメント選びを行う人は少ないので、購入時にはしっかりチェックするようにしてくださいね。

ドラッグストアや薬局でサプリメントを購入する人が増えている

低価格のサプリメントの購入先は、

近所のドラッグストアや薬局という人が増えている傾向も明らかになっています。

 

世代間ギャップもあり、

健康補助食品(サプリメント、ダイエット食品、プロテインなど)のメイン購買層は30代女性。

 

年代別の購入割合を紹介すると、

 

  • 20代:17.6%
  • 30代:26.6%
  • 40代:20.1%
  • 50代:17.2%
  • 60代:12.2%
  • 70代以上:15.7%

 

参照:株式会社 プラネット『ドラッグストアに関する意識調査

 

ドラッグストアで最もサプリメントを購入している30代は、「菓子、アイスクリーム」、「水、清涼飲料水」、「一般食品」などもドラッグストアで購入していることもわかっています。

 

30代にとってはドラッグストア=手軽なスーパーマーケットのような存在なのかもしれませんね。

 

ドラッグストアで健康食品をあまり購入しない50代や60代。

ネット通販での健康食品関連の支出金額が高い傾向がありますので、ドラッグストアよりもネット通販を活用しているということでしょう。

日本人のサプリメント支出が増えているの記事まとめ

普段の食事での栄養補給が基本ですが、

忙しい30代や40代の一人暮らし世帯では、サプリメント支出が増加している傾向がわかったと思います。

 

サプリメントもうまく活用することで、

様々なメリットがありますので、ポイントを抑えた商品選びやサプリメントに頼り切らない食生活を心がけることが大切。

 

  • 2017年の総世帯支出でサプリ支出が2.7%も増加している
  • 低価格な量産型のサプリメントの注意点とは?
  • ドラッグストアや薬局でサプリメントを購入する人が増えている

 

値段だけを優先してしまうと、

本来期待するような作用を実感できないこともありますので、その点は注意しましょう。

 

サプリメントの原材料もそうですが、

やはり天然成分のものを口にすることは、健康面でも美容面でも優れた効果を期待できますので、医薬品も過剰摂取は気をつけたいところですね。


>マヌカハニーマニアの私イチ押し!<

国内で販売されているUMF20+以上のマヌカハニーを全て購入した私が選ぶ厳選商品は?

あなたにおすすめなマヌカハニーランキングベスト3を紹介しています。

マヌカハニー徹底比較ランキングベスト3

効果のわかりにくいマヌカハニーだから。
偽物のマヌカハニーを購入しないためにも、私のレビューが参考になりますよ!


マヌカハニーのことをもっと詳しく知りたい、というあなたにはこの記事!

かなりマニアックな情報満載なので、どれだけ私がマヌカハニー好きかがわかるかも。


マヌカハニーの効果や効能、人気の秘密を徹底解説!

じっくり読むと、マヌカハニーの奥深さに驚くかもしれませんね。

関連記事

目の健康や皮膚粘膜にビタミンA、作用と摂取量、注意点は?

目の健康や皮膚・粘膜の健康に役立つ作用があると言われているビタミンAですが、どのような特徴や性質のある栄養素なのでしょうか。 &nbs…

疲労回復や皮膚や粘膜の健康にビタミンB1、摂取量と注意点は?

疲労回復や皮膚や粘膜の健康に役立つビタミンB1。   なぜビタミンB1を摂取することで、 疲労回復に役立つのか、…

健康食品関連法規って何があるの?安全な健康食品の基準は?

健康食品関連法規って何があるのか? あまり気にせずに健康食品だとかサプリメントを購入している人もいるかも知れませんが、安全な健康食品を…

血液を作るビタミンB12

血液を作る作用があるビタミンB12。 ビタミンB12の特徴や推奨摂取量、摂取時の注意点などの情報をまとめて解説します。 &nbs…

肌に抗酸化作用を発揮し、色素沈着を防ぐビタミンC

ビタミンCといえば、最も多くの人がサプリメント等で摂取している代表的な栄養素ではないでしょうか。   肌や粘膜に対して…

細胞の再生や成長、脂肪代謝にビタミンB2、摂取量や注意点は?

細胞の再生や成長、脂肪代謝に役立つと言われているのがビタミンB2です。   ビタミンB2の特徴や摂取量、摂取時の注意点…