細胞の再生や成長、脂肪代謝に役立つと言われているのがビタミンB2です。

 

ビタミンB2の特徴や摂取量、摂取時の注意点にはどのようなものがあるのかを徹底解説。

 

身体を動かす機会が多い人ほど、積極的にビタミンB2を摂取すべきだと言われていますが、なぜそうなのかを紹介します。

ビタミンB2にはどのような特徴や性質があるのか?

健康で美しい見た目を維持したいのなら、ビタミンB2は必ず摂取すべき栄養素。

 

なぜビタミンB2が必要かといえば、

細胞の再生や成長を促進する作用のあるビタミンで、健康な皮膚や髪の毛、爪を作る際に必要になる栄養素だから。

 

皮膚以外にも粘膜にも作用するので、

ビタミンB2が不足することで、口内炎や口角炎、目の充血や角膜炎を起こしやすくなりますので、不足しないように注意が必要です。

 

中高年が気になる脂質や糖の代謝も促進する作用があるので、ビタミンB2を摂取することで太りにくい状態を作ることも大切でしょう。

 

脂肪代謝に関与しているのは、

 

  • ラクトフラビン:牛乳由来
  • オボフラビン:タマゴ由来
  • ヘパトフラビン:肝由来
  • フェルドフラビン:植物由来
  • ウロフラビン:尿由来

 

この5種類のビタミンB2の仲間たちです。

 

運動量が多い人や肉体労働者など、

エネルギー消費が多くなるとビタミンB2も必要量が増えますので、食事やサプリメント等でしっかり摂取するようにしてください。

ビタミンB2を多く含む食品や食材は?


ビタミンB2は動物性食品にも植物性食品にも含まれていますが、その量は微量です。

 

酵素や肝には多量に存在しますので、

積極的にそういった食材を選ぶとビタミンB2が不足することはないでしょう。

 

熱や酸性の環境に強く、

アルカリ性に弱い特徴がありますので、加熱調理をしても比較的問題がない栄養素です。

 

どのような食品や食材にビタミンB2が豊富なのか、摂取時の注意点と合わせて紹介すると・・・

豚レバーの摂取量や注意点は?

ビタミンB2の摂取に必要な豚レバーは1串(30g)

 

鉄分・ビタミンB群、ビタミンAと相乗効果のある亜鉛も含んでいますが、コレステロールが高めなので、過剰摂取に注意しましょう。

うなぎの蒲焼きの摂取量や注意点は?

ビタミンB2の摂取に必要なうなぎの蒲焼きは2串(160g)

 

ビタミンA・ビタミンEを含有していますが、コレステロールが高めなので、過剰摂取に注意しましょう。

納豆の摂取量や注意点は?

ビタミンB2の摂取に必要な納豆は5.3個(210g)

 

鉄分・亜鉛・食物繊維・大豆イソフラボンを含有しており、加熱調理が不要なのでビタミン類を消失せずにしっかり摂取することができます。

牛乳の摂取量や注意点は?

ビタミンB2の摂取に必要な牛乳は4杯(800g)

 

カルシウムの吸収率が高く、ビタミンAも含有しています。

クリームシチューやフルーツジュースなど子供でも食べやすい味付けで調理することができます。

ビタミンB2の推奨摂取量と摂取時の注意点は?

ビタミンB2の1日の所要量が、

 

  • 男性は1.2mg
  • 女性は1.0mg

 

上限摂取量は特にありません。

 

動物性食品を食べなかったり、ストレス過多の生活や脂肪の摂取量が多い人は、ビタミンB2の不足に注意が必要です。

 

ビタミンB2は体外に排泄されやすいので、

過剰に摂取しても蓄積されることがなく、過剰症の心配は特にありません。

 

特にビタミンB2の摂取が推奨されるのは、若年層・中高年・女性ですので、不足しないように日々摂取するようにしてくださいね。

細胞の再生や成長、脂肪代謝にビタミンB2の記事まとめ

細胞の再生や成長を促進することで、

皮膚や髪の毛など見た目の老化を予防する作用も期待できるビタミンB2、特に中高年の女性はしっかり摂取したい栄養素ですね。

 

ビタミンB群を摂取するなら、

やはり豚肉やうなぎが非常に役立ちますので、日々の食卓にしっかり並べるようにしましょう。

 

  • ビタミンB2にはどのような特徴や性質があるのか?
  • ビタミンB2を多く含む食品や食材は?
  • 豚レバーの摂取量や注意点は?
  • うなぎの蒲焼きの摂取量や注意点は?
  • 納豆の摂取量や注意点は?
  • 牛乳の摂取量や注意点は?
  • ビタミンB2の推奨摂取量と摂取時の注意点は?

 

食材への含有量が少なく、

体外に蓄積されにくい特徴があるビタミンB2なので、毎日の食事で適量を摂取し続ける必要があります。

 

口内炎や口角炎などの粘膜のトラブルが起こりやすい人は、慢性的にビタミンB2が欠乏していることが原因のひとつですので、しっかり摂取してくださいね。

 

口内炎が治ったらビタミンB2の摂取を止める・・・なんてことがないように、継続的に摂取し続けるようにしましょう。


>マヌカハニーマニアの私イチ押し!<

国内で販売されているUMF20+以上のマヌカハニーを全て購入した私が選ぶ厳選商品は?

あなたにおすすめなマヌカハニーランキングベスト3を紹介しています。

マヌカハニー徹底比較ランキングベスト3

効果のわかりにくいマヌカハニーだから。
偽物のマヌカハニーを購入しないためにも、私のレビューが参考になりますよ!


マヌカハニーのことをもっと詳しく知りたい、というあなたにはこの記事!

かなりマニアックな情報満載なので、どれだけ私がマヌカハニー好きかがわかるかも。


マヌカハニーの効果や効能、人気の秘密を徹底解説!

じっくり読むと、マヌカハニーの奥深さに驚くかもしれませんね。

関連記事

健康食品関連法規って何があるの?安全な健康食品の基準は?

健康食品関連法規って何があるのか? あまり気にせずに健康食品だとかサプリメントを購入している人もいるかも知れませんが、安全な健康食品を…

目の健康や皮膚粘膜にビタミンA、作用と摂取量、注意点は?

目の健康や皮膚・粘膜の健康に役立つ作用があると言われているビタミンAですが、どのような特徴や性質のある栄養素なのでしょうか。 &nbs…

疲労回復や皮膚や粘膜の健康にビタミンB1、摂取量と注意点は?

疲労回復や皮膚や粘膜の健康に役立つビタミンB1。   なぜビタミンB1を摂取することで、 疲労回復に役立つのか、…

肌に抗酸化作用を発揮し、色素沈着を防ぐビタミンC

ビタミンCといえば、最も多くの人がサプリメント等で摂取している代表的な栄養素ではないでしょうか。   肌や粘膜に対して…

貼るラボ、サプリメントも飲むから貼る時代に変わるのか?

コスメディ製薬の新商品『貼るラボ』 これまでの飲むサプリメントではなく、貼るサプリメントとして新商品が販売されることで注目されています…

血液を作るビタミンB12

血液を作る作用があるビタミンB12。 ビタミンB12の特徴や推奨摂取量、摂取時の注意点などの情報をまとめて解説します。 &nbs…