ビタミンCといえば、最も多くの人がサプリメント等で摂取している代表的な栄養素ではないでしょうか。

 

肌や粘膜に対して非常に優れた抗酸化作用を発揮することで知られており、健康の維持に必要なビタミンとしても有名なビタミンC。

 

実際に摂取する際の注意点や、

知っておくべきことを解説しますので、ビタミンCサプリメントを購入する前にチェックしてくださいね。

ビタミンCにはどのような特徴や性質があるのか?

ビタミンCといえば、

これからの時期に嬉しいメラニンの生成を抑制し、肌の色素沈着を予防する作用が期待できる栄養素。

 

ビタミンCはアミノ酸と結合することで、体内でコラーゲンの生成を助けますので、肌のシミやシワなどのアンチエイジング効果が期待できます。

 

ビタミンCのその他の作用としては、

 

  • ウイルスや細菌に対する抵抗力を高める
  • 風邪や感染症を予防する
  • ストレスを和らげる
  • 鉄分の吸収を助ける
  • コラーゲンの生成を助ける

 

などが期待できますので、欠乏症にならないように毎日摂取することが必要です。

 

別名をアスコルビン酸とも呼ばれる水溶性のビタミンで、レモンやオレンジ、新鮮な野菜など天然の植物の中に存在しています。

 

ビタミンCは水と熱に弱く、

加熱調理でどんどん分解されてしまい、洗うことでどんどん減っていってしまう残念な特徴があります。

 

あまり知られていませんが空気に弱く、

空気に触れることでどんどん酸化が進み、分解されてしまいますので、食品から摂取する際にはできるだけ早く食べることが必要。

 

体内に吸収されたビタミンCも、

2〜3時間でどんどん体外に排出されたり、ストレスやタバコ、飲酒などでも大量にしょうひされてしまう部分もビタミンCの欠点です。

ビタミンCを多く含む食品や食材は?

ビタミンCは植物性食品に多く含まれていますので、オレンジやレモンなどの柑橘類やじゃがいもやカリフラワーなどの野菜類からも摂取することができます。

 

野菜でビタミンCを摂取する場合は、

5〜6割が調理の過程で消失すると言われており、煮るよりも炒めた方が調理による損失は少ないと言われています。

オレンジの摂取量や注意点は?

ビタミンCの摂取に必要なオレンジは1個と1/3個(170g)

 

1年を通して安定的に食べることができ、

ビタミンC以外にもカロテンを含んでいますし、生で食べることができるのでビタミンCの損失は少ない特徴があります。

いちごの摂取量や注意点は?

ビタミンCの摂取に必要ないちごは11個(160g)

 

果物の中では糖質が少ないので、

糖質が気になる人にもおすすめで、生で食べることができるのでビタミンCの損失は少ない特徴があります。

モロヘイヤの摂取量や注意点は?

ビタミンCの摂取に必要なモロヘイヤは1束(150g)

 

ビタミンA、ビタミンE、カルシウム、鉄分、食物繊維などを豊富に含んでおり、ビタミンCとビタミンEの連携で、非常に優れた抗酸化作用を発揮します。

カリフラワーの摂取量や注意点は?

ビタミンCの摂取に必要なカリフラワーは2/3株(120g)

 

ビタミンCの含有量は花の部分よりも茎の部分に多く、熱による損失も少ない傾向があるので、安心して茹でて調理することができます。

じゃがいもの摂取量や注意点は?

ビタミンCの摂取に必要なじゃがいもは2個(290g)

 

大量のデンプンに守られていることで、加熱調理をしてもビタミンCの損失が少なく、消化にも優れているので、胃腸が弱い人にもおすすめです。

ビタミンCの推奨摂取量と摂取時の注意点は?

ビタミンCの1日の所要量は、

 

  • 男性は100mg
  • 女性は100mg

 

ビタミンCの摂取量の上限はありませんが、過剰摂取には注意した方が良いでしょう。

 

体外に排出されやすい特徴があるので、過剰摂取が続いても過剰症は起こりにくい傾向があります。

 

サプリメントで摂取する場合には、

薬を服用中の人、疾病のある人、妊娠中の人、授乳中の人、アレルギー体質の人は医師に相談してから摂取するようにしましょう。

肌の抗酸化作用にビタミンCの記事まとめ

ビタミンCは健康や美容面でも毎日摂取することが必要になる栄養素なので、欠乏症にならないように注意しましょう。

 

外食が多かったり、加工食品ばかり食べているとビタミンCが不足しがちになりますので、サプリメント等の活用も必要かもしれません。

 

  • ビタミンCにはどのような特徴や性質があるのか?
  • ビタミンCを多く含む食品や食材は?
  • オレンジの摂取量や注意点は?
  • いちごの摂取量や注意点は?
  • ビタミンCの推奨摂取量と摂取時の注意点は?

 

子供から大人まで、男性も女性もビタミンCの定期摂取は基本ですので、少しでも足りないと思ったら、食事内容を見直しましょう。

 

慢性的なストレス状態が続いているような場合は、ビタミンCをしっかり摂取しないと疾患等を発症するリスクも高まりますので、注意が必要ですよ。


>マヌカハニーマニアの私イチ押し!<

国内で販売されているUMF20+以上のマヌカハニーを全て購入した私が選ぶ厳選商品は?

あなたにおすすめなマヌカハニーランキングベスト3を紹介しています。

マヌカハニー徹底比較ランキングベスト3

効果のわかりにくいマヌカハニーだから。
偽物のマヌカハニーを購入しないためにも、私のレビューが参考になりますよ!


マヌカハニーのことをもっと詳しく知りたい、というあなたにはこの記事!

かなりマニアックな情報満載なので、どれだけ私がマヌカハニー好きかがわかるかも。


マヌカハニーの効果や効能、人気の秘密を徹底解説!

じっくり読むと、マヌカハニーの奥深さに驚くかもしれませんね。

関連記事

血液を作るビタミンB12

血液を作る作用があるビタミンB12。 ビタミンB12の特徴や推奨摂取量、摂取時の注意点などの情報をまとめて解説します。 &nbs…

健康食品関連法規って何があるの?安全な健康食品の基準は?

健康食品関連法規って何があるのか? あまり気にせずに健康食品だとかサプリメントを購入している人もいるかも知れませんが、安全な健康食品を…

食事よりもサプリメントに栄養補給を頼る日本人が増えている?

家庭で食品や食材を調理するよりも、 様々なサプリメントを活用して栄養補給や健康維持、美容面の効果を期待している日本人が増えている傾向が…

疲労回復や皮膚や粘膜の健康にビタミンB1、摂取量と注意点は?

疲労回復や皮膚や粘膜の健康に役立つビタミンB1。   なぜビタミンB1を摂取することで、 疲労回復に役立つのか、…

脂肪とアミノ酸の代謝、皮膚の健康にビタミンB6、摂取量や注意点は?

脂肪とアミノ酸の代謝、皮膚や粘膜の健康に役立つ作用があると言われているビタミンB6。   ビタミンB6の摂取量や摂取時…

貼るラボ、サプリメントも飲むから貼る時代に変わるのか?

コスメディ製薬の新商品『貼るラボ』 これまでの飲むサプリメントではなく、貼るサプリメントとして新商品が販売されることで注目されています…